連休の出来事①



先週末、大バカなワタシの不注意により
大事な家族のチャオに大怪我をさせてしまった。

あわてて抱き上げたワタシの手には血。
泣きながらウサギがお世話になってる近所の病院へ電話するも
「ダメかもしれない」といわれ・・・
それでも必死に暖めているとよろよろと動き出した。

次の日から何も食べず、ぐったりしていた状態だったので泣く泣く
強制給餌をし、マッサージしながらふと口元を見ると・・・
口が閉まらないくらい長い前歯・・・
これではご飯も食べられないはずだ・・・
怪我のことばかりに気をとられ、気が付かなかった。

ウサギの病院に紹介してもらったデグーを診てもらえる病院は
クルマで約1時間の別の町。
チャオの負担も考えたが、背に腹は変えられん!!と、深めの
ダンボール箱にワラやお気に入りのぬいぐるみを入れ連れて行った。

ほとんどご飯を食べていないのに、病院では大暴れのチャオ。
それでも意を決したのか、歯を切る作業は順調だったようだ。
体重も量ってもらったが、やや小さめの170グラム。


a0194797_1802436.jpg



帰宅してしばらくはまたぐったりしていたが、口周りが楽になったようだった。
なんでもいい、体力がつくものを食べてもらおうと、可能な範囲で
ご飯を与える。牧草を細かく刻んだり、ペレットを水でふやかしたり、
えん麦やひまわりの種、米粒(生米と炊いたもの両方)などなど・・・
とりあえず口にするのは米粒くらい・・・
フンとオシッコは少量ながら毎日出るのは嬉しいのだが、食べてくれないのは
本当に胃が痛い・・・故ゆきウサのことが頭をよぎり、毎晩眠れない・・・


そして嬉しいことが起きた。





a0194797_17564752.jpg



ふと、ティグがブロッコリーをもしゃもしゃ食べていたのを思い出した。
本当に偶然、思い出した。
走って買いに行き、祈るように与える。
どうかどうか食べてくれますように・・・

はたして食べる、食べる、しかも茎部分も。
うまく食べられなくても、口やあごを使って胃を動かしてくれている。
そのことが嬉しくて、ありがたくて、涙が出た。
小さな命の大きな生命力に感謝し、改めて愛おしいと思った。




a0194797_1757656.jpg



ティグ、君のおかげだよ。ありがとう。
君がチャオを救った。

繋がってる、家族。



追記:書き忘れてましたが、今回病院に行った時に
チャオが♀ではなく♂の可能性が高いと判明!!
ひゃ~~~
[PR]
by coniglian | 2013-05-03 17:58 | coniglia


マイペースな管理人が綴る日々の話。リンクフリー。


by coniglian

プロフィールを見る
画像一覧

外部リンク

カテゴリ

全体
lavoro
coniglia
vita
macchina
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月

メモ帳

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31